ginga_canvas
ログインはこちらから
ID (ユーザ名)
PW (パスワード)

   
Diary
村上雅人さんの日記一覧
 
宇宙エネルギー的な話  07月09日 10:04:31   村上雅人
閲覧数(3)
人生の意味って何?
と言いますがそんなことより、宇宙って一体何なのでしょうか?
という謎が気になって気になって仕方ありません。

宇宙は時間と空間と重力で構成されるわけですが
そもそもこれってどういうことなのでしょうか?
ちょっと考察してみましょう。

まずこれらが密接に関係するらしいということがよく言われていますので
エネルギー保存則から、時間-空間-重力量保存則があると仮定してみます。

時間や空間は普遍的なもの、という概念はここでは捨てて
水のように流動的なものだと想像してください。
水は波が立つと、均一の状態に戻ろうとしますよね。
エネルギーは高いほうから低い方へ流れるのです。

時間エネルギーも然り。
時間が流れるというのは、時間エネルギーが高いほうから低い方へ流れているのです。
つまり時間が流れるには、時間エネルギーの低い状態が既に存在する必要があります。

時間エネルギーの低い状態とはどういうことでしょうか?
ここで先のエネルギー保存則です。
空間と重力量が増せば時間エネルギーは低くなります。
時間と時間の隣に空間と重力をそれぞれ用意すれば時間が流れるわけですね。

時間が流れて物体が動くのではなく、
空間と重力に影響されて時間が動いています。
別の言い方をすると、我々は時間に流されているのではなく
隣り合う空間と重力の方向へ時間が流れているとも言えます。


こう考えると、平行世界の理論もそんなに違和感ないですね。

Copyright 2010 Planet Co.,Ltd.. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.